スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Server 2008 導入編3 PHPのインストール

2009年06月27日 17:23

Windows ServerではほかのOSと違い,PHPの導入が少しややこしいです.



まず,ここから"PHP x.x.xx zip package"をダウンロードします.

ダウンロードが完了したら,C:\に"php"というディレクトリを作成します.
作成したディレクトリに先ほどダウンロードしてきたファイルの中身をコピーします.

次に,"php.ini-dist"を"php.ini"にリネームし,"C:\Windows"に移動させます.

次に,C:\phpの中にあるdllファイルをすべてC:\Windows\system32にコピーします.
そのとき,extディレクトリの中身はコピーしないでください.

次に,先ほど移動させたphp.iniの以下の点を修正します.

output_buffering = On
(OffをOnに)

extension_dir = "c:\php\ext"
(./をc:\php\extに)

extension=php_mbstring.dll
extension=php_mcrypt.dll
extension=php_mysql.dll
extension=php_zip.dll
(コメントアウトを解除する.)

書き換えたら上書き保存しておきます.

次に"サーバマネージャ"から"IISマネージャ"を開き
"ISAPIフィルタ"をダブルクリックします.

次に,右上の"追加..."をクリックし,以下のように入力します.

フィルタ名
php
実行可能ファイル
C:\php\php5isapi.dll

入力が完了したら"OK"をクリックします.


次にMIMEの種類をダブルクリックします.
次に右上の"追加..."をクリックし,以下のように入力します.

ファイル名の拡張子
.*
MIMEの種類
applicaton/octet-stream

入力が完了したら,OKをクリックします.

これで導入作業は終わりです. お疲れ様でした.


コメント

  1. mia | URL | ftr86F3A

    Re: Windows Server 2008 導入編3 PHPのインストール

    >applicaton/optet-stream
    applicaton/octet-streamではないでしょうか。

  2. Syobon | URL | -

    Re: Windows Server 2008 導入編3 PHPのインストール

    間違い指摘ありがとうございます

    修正しておきました

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://area21.blog36.fc2.com/tb.php/56-e31f21e6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。